【お知らせ】トリチウム汚染水の海洋放出について(オンライン講演会)2021.3.6

東京電力は増え続けるトリチウム汚染水の処理方法として希釈して海洋放出を
考え、政府経産省もそれを認めようとしています。そもそもこの汚染水はトリチ
ウムだけでなくストロンチウム90のような他の核種も含まれています。
福島の漁民は生活破綻だとして、猛反対をしています。私たちの命にかかわる
問題であり、環境に与える影響も大きく、海洋放出は大きな問題です。問題点を
深く探り、ほかに方法はないのかについて、渡辺敦雄さんに講演をお願いしまし
た。

●トリチウム汚染水の海洋放出について(オンライン講演会)

日時:2021 年 3 月 6 日(土) 13 時半開場 14 時から講演
会場:立川市女性総合センター・アイム 5 階 料理実習室

講師《渡辺敦雄氏プロフィール》
1947 年上野原市生まれ。1971 年東京大学工学部卒、株式会社東芝入社。原子力事業部配属 (福島第
一原子力発電所 3,5 号機、女川原子力発電所 1 号機、浜岡原子力発電所 1,2,3 号機の基本設計担
当)。1998 年環境技術部長。2000 年神戸大学客員教授。2009 年沼津高専 物質工学科教授(2012 年退職)。現在山梨地方自治研究所副理事長。専門:原子力工学、危機管理学、環境工学

※注意:オンライン(zoom 仕様)によるご案内はお申込みの方に3日 6 日(土)の朝メールでお知らせします。Zoom 参加以外の方は会場のアイムにお出かけ下さい。

共催:日の出の森・支える会 たまあじさいの会
協賛;日の出の森・水・命の会

問い合わせ・申し込み先:日の出の森・支える会
Mail:hinodenomori@tokyo.email.ne.jp
TEL&FAX: 042-523-7297

20210124_市民環境問題講演会トリチウム汚染水の海洋放出についてチラシ決定版
タイトルとURLをコピーしました