2015年11月8 日  第9回 水質・放射能調査フィールドワーク講演会

演題「行政が作った環境論議のウソ・ホントはこんなにある ]

―このまま放置するなら、われわれも環境破壊者である―

講師  東京農工大名誉教授 瀬戸 昌之先生(日の出の森・支える会)

「生ごみの堆肥化は、燃やして埋めるより、割高である」(自治体のごみ対策課の認識)。これホン ト? このウソを放置するなら、われわれは環境破壊者である。その理由は? 「農林業は過保護である。TPP(環太平洋経済連携協定)で日本の農林業にカツを入れよう」(自民党安倍政権)。これホント?「ダムは治水と用水確保に不可欠で ある」国土交通省。これホント?

(おまけ)「諫早湾の埋め立ては、優良な農地を造成し、洪水防止に不可欠である」(旧建設省)。エコロジーは環境を… 語る。 (当日のプリントより)

2015年11月8 日 第9回水質・放射能調査フィールドワーク講演会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする