【告知】2019年度「たまあじさいの会総会」および「第35回市民環境問題講演会」2019.5.18

2019年度「たまあじさいの会総会」および「第35回市民環境問題講演会」のお知らせです。

たまあじさいの会が発足して21年が経ちました。現在も処分場周辺の環境調査を粘り強く続けています。新年度を迎え、下記の通り総会を行います。今回は、総会後講演会も行うという盛りだくさんの内容です。お忙しい中ですが、ぜひご参加いただきたいと存じます。よろしくお願いします。

【日時】 5月18日(土)
・たまあじさいの会総会 午前10時30分 (受付)午前10時15分
・市民環境問題講演会 午後2時 (受付)午後1時30分

【場所】「青梅市福祉センター」第5集会室(総会)、第4集会室 (講演会)
青梅市東青梅1-117-3 電話0428(22)1125 ※JR青梅線 東青梅駅南口より徒歩5分
・東青梅駅への送迎希望の方は下記へ連絡

【総会の次第】
1) 2018年度活動報告
・多摩川放射線調査 ・チビタマ調査 ・ホームページ ・梅のポックスウイルス
・絵本チーム ・定例空間線量調査 ・水質調査
2) 会計報告・監査報告
3) 2019年度活動計画・活動資金・役員・運営委員 等
4) 第35回市民環境問題講演会

―放射性物質吸着剤ゼオライトによる環境中の微量放射能の監視から―
「ゼオライト測定で見えた、再浮遊再降下について」
講師 二宮 志郎 氏 (八王子市民放射能測定室 ハカルワカル広場、測定指導担当)

二宮 志郎氏のプローフィール
1980年代初期のころ、伊方原発に反対する住民運動に触れて原発反対の立場になる。
1990年代、インターネット時代前のパソコン通信で、小型ガイガーカウンターのデータを集計する「れんこんネット」を八王子在住の人を中心に立ち上げる。全国に数台配布したガイガーカウンターのデータを自動集計してネットで公開する活動を続けた。
1997年から10年間米シリコンバレーで就労後帰国してしばらくしたら3.11が起こる。
2012年、八王子で福島事故に危機感を持った人々を中心に「放射能測定室・はかるわかる広場」を開設する運動に参加。現在に至るまで測定活動を継続中。

※同日、同じ場所にて日の出の森・水・命の会総会が午前9時より行われます。
※会場の都合上、当日会場には「環境おうめ懇話会総会」と表示されております。

【連絡先】
(共同代表)下向 090 5828 4930 古澤090 3332 6618
(事務局) 安藤 080 2348 6947 山口090 6142 0728