【告知】水質調査フィールドワーク 2018.11.23

第12回 市民による環境調査団体たまあじさいの会
水質調査フィールドワーク
-やさしい水質調査を学ぼう-

2018年11月23日(金・祝日) 10:00~15:30

たまあじさいの会は、環境問題への取り組みとして、主に日の出町ゴミ処分場周辺及び青梅市において市民による水質、大気、土壌、動植物などの環境調査活動を長年行ってきました。
今年の台風、地震、豪雨などの災害時に、いかに水が大事なのか思い知らされました。河川、湖沼、地下水そして水道水と、いろいろな身近な水についてその水質がどうなのか気になるところです。そこで、たまあじさいの会が積み重ねてきた水質調査の考え方、技法を元に、手に入れやすいものでできる「やさしい水質調査」の学習会を企画しました。当日は、日の出町の河川で採水の方法、そして採水した水の分析、分析データの見方などを水質調査の専門家である渡邉勇先生に実際に学びます。その後、環境問題に詳しい瀬戸昌之先生に講演をしていただきます。
自分の身近な水に関心のある方、心配だ、気になる、知りたいという方ぜひご参加ください。

【会場】 市民科学研究所 竹林舎 (東京都西多摩郡日の出町大久野7444)
【日時】 11月23日(金・祝日)10:00~15:30
【当日の予定】
●集合
電車でお越しの方:9時30分「青梅駅改札口」*車でお迎えいたします。
車でお越しの方:10時までに竹林舎へおいでください
●フィールドワークと水質調査・分析データの見方を学ぶ
水質調査講師 渡邉勇先生(環境カウンセラー・元職業能力開発総合大学校東京校教授)
1. 日の出町内の河川で採水と測定
2. 竹林舎にて、持ち帰った水の測定
3. 分析結果と10年間の記録との比較及び公式データの結果から得られたこと
●講演
『水と生活の身近な関係』 瀬戸昌之先生(東京農工大名誉教授)
●参加費 500円(お弁当代、資料代)
●申込みは「たまあじさいの会」お問い合わせフォームより
*申込みは、11月18日(日)までにお願いします。

コメント